腰痛をグルコサミンで改善

腰の構造と腰痛メカニズム

腰痛は筋肉が痛みを感じている

腰痛の原因は様々ありますが、根本的に改善するためには、腰や背骨の構造を理解して、痛みを引き起こすメカニズムを知ることも重要です。腰痛についてお悩みならこちら。

一般的に背骨と呼ばれる脊椎(せきつい)は、頚から腰まで24個の椎骨(ついこつ)が連結したものです。椎骨同士の間には、クッションの役割を担う、椎間板と呼ばれる軟部組織があり、椎間板は硬い繊維輪(せんいりん)で保護されています。腰部を形成する5つの椎骨は腰椎(ようつい)と呼ばれ、第5腰椎の下に仙骨、その下端に尾骨があります。

正常な脊椎は、横から見ると緩やかなS字を描いていますが、この湾曲により筋肉や靭帯(じんたい)に大きな負担をかけず、効率よく体重を支えることが可能となります。また、上体を前後左右に曲げ伸ばしたり、ひねったりという複雑な動きがスムースに行えるのは、弾力性のある椎間板の働きによるものです

。さらに脊椎を詳しく見てみると、重要な神経の1つである脊髄中枢神経が通る、脊柱管という穴が開いていることがわかります。脊髄中枢神経とは、体の隅々まで広がっている末梢神経と、脳から送られる信号を中継する伝導路であり、背骨は中枢神経を守るという大切な役割も担っています。

腰部の骨としてよく知られる骨盤は、脊椎と大腿骨(だいたいこつ)の間で体を支える部位を指し、寛骨、仙骨、尾骨の3つで構成されています。骨盤は、上半身と下半身をつなぐ要ではありますが、不安定で歪みやすい性質があり、ズレが生じると太腿の付け根部にある大転子が、側面へ向かって張り出す格好になります。

腰痛の主な原因の1つに、脊椎や骨盤の歪みから生じる、筋肉疲労が挙げられます。上半身を支える部位である腰は負荷がかかりやすく、骨が歪んだ状態でバランスを維持すると腰周りの筋肉が硬くこわばります。その結果、血行が悪くなって疲労がたまり、ついには、腰の痛みを引き起こすのです。

また、椎間板の水分が減少することで生じる変形性腰椎症、化膿性脊椎炎や結核をはじめとする細菌感染、特に女性は、月経困難症や子宮筋腫など、婦人科系の病気や、骨粗しょう症や冷え性、ダイエットによる筋力の低下が原因となる場合もあります。